画面は自動的に最新情報へ更新されませんので、更新する際は画面上部の図2.png(更新アイコン)をクリックするか、または「F 5」を押してしてください。 
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 事例・統計情報 > 賃金・家内労働 > 統計情報 > 最低賃金 > 最低賃金制度 > 最低賃金額以上となっているかを、どうやってチェックするのですか?
■ 最低賃金額以上となっているかを、どうやってチェックするのですか?

 実際の賃金が最低賃金額以上となっているかどうかを調べるには、最低賃金の対象となる賃金額と適用される最低賃金額を次の方法で比較します。

1.

時間給の場合


時間給 ≧ 最低賃金額



2.

日給の場合


日給÷1日の所定労働時間 ≧ 最低賃金額



3.

1,2以外(週給・月給等)の場合


賃金額を時間当たりの金額に換算し、最低賃金額と比較 します。


(換算方法は次の計算例を参照してください。)



月給制の場合の換算方法の例
 愛媛県で働く労働者Aさんは

 ● 年間所定労働日数250日
 ● 月給123,000円
 ● 所定労働時間は毎日8時間
 で働いています。

 ■愛媛県(地域別)最低賃金は、時間額739円です。
       ↓
 1.月給制の場合は、次のような計算式を用いて比較します。

(月給額 × 12か月) ÷ (年間総所定労働時間) ≧ 最低賃金額

 2.Aさんの場合、1.の計算式に当てはめると、

(月給:123,000円 × 12か月) ÷ 
   (年間所定労働日数:250日 × 8時間) = 738円 < 時間額:739円


 したがって、この場合は、最低賃金法に違反することになります。



このページのトップに戻る

ハローワークインターネットサービス.jpg bana.png  bana-job.png仕事・住まい・生活.jpg 新卒者・既卒者の皆様へ.jpg育MEN.jpg女性の活躍を推進します.jpg厚労省人事労務マガジン.jpg あんぜんプロジェクト.jpgこころの耳.jpg2015127154417.gifあかるい職場応援団.jpg労災年金受給者の皆様へ.jpgアスベスト.jpgまんが.jpgehime.jpgoshigoto_adviser_banner.jpg 20146911147.png 2016829134710.png ズ.jpg

 

愛媛労働局 〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階、6階

Copyright(c)2000-2011 Ehime Labor Bureau.All rights reserved.