画面は自動的に最新情報へ更新されませんので、更新する際は画面上部の図2.png(更新アイコン)をクリックするか、または「F 5」を押してしてください。 
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続 > 労働保険関係 > 手続 > 労働保険加入手続き
■ 労働保険加入手続

労働保険に加入するには

 労働保険に加入するには、まず労働保険の保険関係成立届を所轄の労働基準監督署、又は公共職業安定所に提出します。そして、その年度分の労働保険料(保険関係が成立した日からその年度の末日までに労働者に支払う賃金の総額の見込額に保険料率を乗じて得た額となります。)を概算保険料として申告・納付していただくこととなります。
 なお、雇用保険に加入する場合は、この他に、「雇用保険適用事業所設置届」及び「雇用保険被保険者資格取得届」を所轄の公共職業安定所に提出しなければなりません。

 

  加入手続に関するパンフレットはこちらから。

  ※H28年度より 加入手続のパンフレットにおきまして英語版・中国語版も作成しております。上記リンク先よりご覧いただけます。


労働保険料は

 労働保険料=労災保険料+雇用保険料


 労働保険料は、労働者に支払う賃金の総額に保険料率(労災保険率+雇用保険率)を乗じて得た額です。そのうち、労災保険分は、全額事業主負担、雇用保険分は、事業主と労働者双方で負担することになっています。


労災保険料・・・


 事業の種類により賃金総額の1,000分の2.5から1,000分の89までに分かれています。


雇用保険料・・・


 雇用保険率及び事業主と被保険者(労働者)の負担の内訳は下の表のとおりです。



事業の種類

雇用保険率

負担別

事業主

被保険者

1

一般の事業

9/1000

6/1000

3/1000

2

農林水産の事業
清酒の製造の事業

11/1000

7/1000

4/1000

3

建設の事業

12/1000

8/1000

4/1000

(平成29年4月1日以降適用)

高年齢者に対する雇用保険料の免除

 年度初日(4月1日)に満64歳以上の高年齢者は、事業主及び労働者負担分とも、雇用保険料は免除されます。ただし、短期雇用特例被保険者、日雇労働被保険者の保険料は、免除されません。
(船員の雇用保険料が免除となる年齢は、別に定められていますので、労働局までお問い合わせください。)

このページのトップに戻る

ハローワークインターネットサービス.jpg bana.png  bana-job.png仕事・住まい・生活.jpg障害者雇用に係る税制上の優遇措置.jpg 新卒者・既卒者の皆様へ.jpg育MEN.jpg女性の活躍を推進します.jpg厚労省人事労務マガジン.jpg あんぜんプロジェクト.jpgこころの耳.jpg2015127154417.gifあかるい職場応援団.jpg労災年金受給者の皆様へ.jpgアスベスト.jpgまんが.jpgehime.jpgoshigoto_adviser_banner.jpg 20146911147.png 2016829134710.png ズ.jpg

 

愛媛労働局 〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階、6階

Copyright(c)2000-2011 Ehime Labor Bureau.All rights reserved.