画面は自動的に最新情報へ更新されませんので、更新する際は画面上部の図2.png(更新アイコン)をクリックするか、または「F 5」を押してしてください。 
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続 > 安全衛生関係 > 法令・制度 > 圧力容器構造規格の一部改正について

圧力容器構造規格の一部改正について

  圧力容器構造規格の一部を改正する件(平成28 年厚生労働省告示第291 号

については、平成28 年7月21 日に告示され、同年10 月1日から適用されるこ

とになりました。

  今回の改正は、圧力容器の保全管理技術の向上、材料の信頼性の向上等を踏

まえ、圧力容器の圧力を受ける板の最小厚さから腐れ代(供用期間中に予想さ

れる腐食及び摩耗に対する板厚の余裕)を除くとともに、最新の日本工業規格

と整合性を図るため、圧力容器構造規格(平成15 年厚生労働省告示第196 号。

以下「構造規格」という。)について所要の改正を行ったものです。

  ついては、本改正に伴い、平成15 年4月30 日付け基発第043004 号「ボイラ

ー構造規格及び圧力容器構造規格の全部改正について」が別添新旧対照表のと

おり改正されましたので、今回の改正の趣旨を十分に理解していただき、下記事項

に留意の上、その運用方よろしくお願いします。

 

 

1 改正の趣旨及び概要

(1)「腐れ代」の削除

ア   構造規格第11 条の規定を削除するとともに、第10 条第2号に定め

  られている高合金鋼鋼板及び非鉄金属板の厚さを、1.5 ミリメートル以

  上に統一したこと。

イ   構造規格第12 条、第13 条、第22 条及び第26 条に定められている

  圧力容器の円筒胴等の板の最小厚さから、腐れ代を削除したこと。

    なお、構造規格は最低基準であることから、実際の設計においては、

  経年劣化があった場合でも製品の設計寿命期間中に板の厚さが改正後

  の最小厚さを下回ることがないように、設計者は、材料の耐腐食性等

  を踏まえ、必要に応じ、最小厚さに設計上の余裕の厚さを加えるべき

  ものであること。

(2)最新のJIS 規格に整合するための改正

ア   圧力容器ののぞき窓の規格を定める第32 条第2項で引用している

  「JIS R3206(強化ガラス)」を新たに制定された専用規格である「JIS

  B8286(圧力容器用のぞき窓)」に改めることに伴い、JIS B8286 の規

  定と重複している第3項のガラス板の最小厚さの算式を削除したこと。

イ   圧力容器のフランジの規格を定める第36 条において、「JIS B2241

  (アルミニウム合金製管フランジ)」を新たに引用したこと。

ウ   引用しているJIS 規格を最新の名称に変更する等所要の改正を行

  ったこと。

2 経過措置

(1)   本告示の適用日において、現に製造している圧力容器又は現に存する

        圧力容器の規格については、なお従前の例によること。

(2)   (1)の措置は、(1)に規定する圧力容器又はその部分が改正後の構

        造規格に適合するに至った後における当該圧力容器又はその部分につ

        いては、適用しないこと。

 

 

 

 

 

    この記事に関するお問い合わせ先

    愛媛労働局労働基準部健康安全課  TEL : 089-935-5204 

ハローワークインターネットサービス.jpg bana.png  bana-job.png仕事・住まい・生活.jpg 新卒者・既卒者の皆様へ.jpg育MEN.jpg女性の活躍を推進します.jpg厚労省人事労務マガジン.jpg あんぜんプロジェクト.jpgこころの耳.jpg2015127154417.gifあかるい職場応援団.jpg労災年金受給者の皆様へ.jpgアスベスト.jpgまんが.jpgehime.jpgoshigoto_adviser_banner.jpg 20146911147.png 2016829134710.png ズ.jpg

 

愛媛労働局 〒790-8538 松山市若草町4-3 松山若草合同庁舎5階、6階

Copyright(c)2000-2011 Ehime Labor Bureau.All rights reserved.